ゲンゴロウ

  昆虫   コウチュウ目   ゲンゴロウ科
  Cybister japonicus Sharp
区分 絶滅
判定理由 全国的に減少著しい種である。県内でもかつては広く分布していたものと考えられるが、データを伴うものは8ヶ所から記録されているだけである。県下で最後まで確実に生息していたのは、厚木市上荻野のため池であるが、1990年代初めに行われた改修工事により絶滅し、その後の記録はない。すでに県下からは絶滅したものと考えられる。
生育環境と生育型 植生豊富な水田や湿地、池沼
生育地の現状 農薬の大量使用とほぼ時期を同じくしてほとんどの地域から絶滅している。県内の池沼に本種が生息可能な環境は残っていない。
存続を脅かす要因 農薬などの水質汚染、埋め立て、改修工事 
県内の分布 県下から広く記録されている。 
国内の分布 北海道~九州 
「県内の分布」欄において、植物の分布図記号についてはこちらの分布図をご参照ください。
鳥類の引用文献についてはこちらをご参照ください。