アマゴ

  魚類   サケ目   サケ科
  Oncorhynchus masou ishikawae Jordan & McGregor
区分 絶滅危惧ⅠA類
判定理由 本亜種は、ヤマメと亜種関係にあり、酒匂川水系がその分布境界線と考えられており、河内川などの丹沢側にはヤマメ、静岡県から流入する鮎沢川には本亜種が生息するとされる(大島1930, 1957a, b)。1970 年代には、相模川の中津川支流ではヤマメ、酒匂川の河内川支流ではヤマメと中間型、狩川と世附川ではヤマメ、新崎川でヤマメ、アマゴおよびその中間型が出現している(齋藤1982)。また、もともと相模川水系の道志川ではアマゴが生息していたという説もある(鈴野1996)。他方、早川水系ではヤマメが在来亜種で、過去には芦ノ湖にも生息していたと言う(鈴木1991)。このように過去の記録は混沌としており、検証が可能な標本も残っていないので、本県におけるヤマメとアマゴの自然分布の詳細についてはよくわかっていない。最近は、第2 回丹沢大山自然環境総合調査で、相模川、金目川および酒匂川から記録されているが、採集された個体には朱紅点が極めて小さく目立たないものや、その数が少ないものもあったという(相模湾海洋生物研究会1997)。また、体側のごく一部に朱斑がある個体が相模川と酒匂川から採集されるが、ヤマメとして記録されている場合もある(勝呂・中田1995; 勝呂・安藤1996)。山崎は、酒匂川水系では、河内川などからヤマメのほかに、朱点を持つがアマゴとは判定できない個体が出現したとしている(山崎・石原2002)。箱根・丹沢陸水研究会が在来系統の魚を求めて、酒匂川水系から伊豆半島まで河川を調査したところ、個性的な斑紋を持つ魚が存在し、それはヤマメとアマゴの雑種と推定している(石原1992)。山王川でも同様の個体が採集されており、こちらはアマゴとされている(木村1989)。もともと、両亜種の判別は朱斑の有無による外部形態からだけでは困難であり、本県在来のヤマメは側線付近に朱色及び側線下の体側に朱斑のあるものとする説もある(西原1972)。この他、早川(石原1984)、白糸川(石原ほか1986; 吉田ほか1986)、千歳川(勝呂ほか2006) でもアマゴが採集されている。このように本亜種の自然分布状況はその同定の困難さもあって釈然としないが、釣魚として人気が高いため、ヤマメと同様に放流が行われている。そのため、在来個体群が生息する水域は、極めて限定されていると推察され、絶滅危惧ⅠA類に位置付けた。
生育環境と生育型 ヤマメと同様で、河川上流の渓流域に生息し、水生昆虫や甲殻類、魚類などを捕食する。産卵期は10月から11月、礫底に産卵床を掘って産卵する。
生育地の現状 丹沢山塊の相模川と酒匂川の渓流が主要な生息域である。丹沢在来のアマゴの情報もヤマメと同様に交錯しており、確実な個体群の特定には至っていないが、放流個体も含めてヤマメよりさらに生息数は少ない。
存続を脅かす要因 水源林および渓畔林の破壊、取水による流量減少、砂防堰堤、遺伝子攪乱、外来種、釣獲圧 
県内の分布 相模川、金目川、酒匂川、早川、白糸川、新崎川、千歳川 
国内の分布 神奈川県酒匂川の右岸(静岡県)側支流以西の本州太平洋側、四国全域、大分県大野川以北の九州瀬戸内海側の河川(中野ほか1989)。 
「県内の分布」欄において、植物の分布図記号についてはこちらの分布図をご参照ください。
鳥類の引用文献についてはこちらをご参照ください。