ヤマメ

  魚類   サケ目   サケ科
  Oncorhynchus masou masou (Brevoort)
区分 絶滅危惧ⅠA類
判定理由 本亜種は、イワナと同様に渓流の釣魚として人気が高い。そのため、イワナと同様に漁業権魚種として相模川、酒匂川、早川、千歳川で放流が行われている他、釣り団体や有志による放流もイワナ以上に多い。現在では、森戸川(齋藤・林2000)、相模川、金目川および酒匂川(勝呂・中田1995;勝呂・安藤1996;相模湾海洋生物研究会1997)、早川(石原1984)、新崎川(勝呂ほか1998)、千歳川(勝呂ほか2006)に生息する。しかし、在来の個体群が生存すると推定される水域は極めて限定されており、絶滅危惧ⅠA類に位置付けた。
生育環境と生育型 河川上流の渓流域に生息し、水生昆虫や甲殻類、魚類などを捕食する。産卵期は10月から11月、礫底に産卵床を掘って産卵する。
生育地の現状 丹沢山塊の相模川、金目川、酒匂川の渓流が主要な生息域である。丹沢在来のヤマメの情報は交錯しており、在来個体群の特定には至っていない。
存続を脅かす要因 水源林および渓畔林の破壊、取水による流量減少、砂防堰堤、遺伝子攪乱、外来種、釣獲圧 
県内の分布 相模川、金目川、酒匂川、早川、新崎川、千歳川 
国内の分布 北海道、青森県から神奈川県および九州 
「県内の分布」欄において、植物の分布図記号についてはこちらの分布図をご参照ください。
鳥類の引用文献についてはこちらをご参照ください。