ヤマトイワナ

  魚類   サケ目   サケ科
  Salvelinus leucomaenis japonicus Oshima
区分 絶滅危惧ⅠA類
判定理由 イワナS.leucomaenis(Pallas)は、渓流域の代表種であり、釣魚として人気が高い。そのため、昔から丹沢周辺域の渓流では本種の放流が行われてきた。現在では相模川と酒匂川で漁業権魚種として放流が行われている他、釣り団体や有志による放流も多く、その実態はよく把握できていない。県下在来のイワナは、亜種のヤマトイワナS.leucomaenis japonicus Oshimaと推定されているが(古川1989)、第2回丹沢大山自然環境総合調査では、さまざまな外部形体の個体が採集されたが、在来系統群の判断や亜種の同定までには至っていない(相模湾海洋生物研究会1997)。また、過去の文献と情報の聞き取りから、相模川水系での確実な分布は山梨県の道志川上流で、可能性のある水域として神ノ川、本谷川、塩水川、境沢、藤熊川があげられ、酒匂川水系には分布しないとする説もある(鈴野1990)。在来の個体群もしくはその遺伝子を残した系統群は、ヤマトイワナと推定される(古川1989)が、丹沢山塊に生息するイワナのほとんどはニッコウイワナである(勝呂・中田1995;勝呂・安藤1996;齋藤2004)。以上のことから、ヤマトイワナの在来個体群は、生存するとしてもその水域は極めて限定され、絶滅寸前と推定されるため、絶滅危惧ⅠA類に位置付けた。
生育環境と生育型 水温の低い河川上流域に生息し、水生昆虫や甲殻類、魚類などを捕食する。産卵期は10月から11月、流れのある礫底に産卵床を掘って産卵する。
生育地の現状 ヤマトイワナの生息が確認されている水域は丹沢山塊の相模川、酒匂川の渓流域に数箇所存在するが、在来個体群の特定には至っていない。
存続を脅かす要因 水源林および渓畔林の破壊、取水による流量減少、砂防堰堤、遺伝子攪乱、外来種、釣穫圧 
県内の分布 相模川、酒匂川 
国内の分布 本州中部相模川以西の太平洋側と琵琶湖流入河川、紀伊半島熊野川水系に分布する(古川1989)。 
「県内の分布」欄において、植物の分布図記号についてはこちらの分布図をご参照ください。
鳥類の引用文献についてはこちらをご参照ください。