区分について
レッドデータブックとは?  
 
  • 絶滅
    すでに絶滅したと考えられる種
  • 野生絶滅
    飼育・栽培下でのみ存続している種
  • 絶滅危惧Ⅰ類
    絶滅の危機に瀕している種
  • 絶滅危惧ⅠA類
    ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種
  • 絶滅危惧ⅠB類
    ⅠA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種
  • 絶滅危惧Ⅱ類
    絶滅の危険が増大している種
  • 準絶滅危惧
    現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種
  • 減少種
    かつては県内に広く分布していたと考えられる種のうち、生息地あるいは生息個体数が著しく減少している種。
  • 希少種
    生息地が狭域であるなど生息環境が脆弱な種のうち、現在は個体数をとくに減少させていないが、生息地での環境悪化によっては絶滅が危惧される種。
  • 要注意種
    前回、減少種または希少種と判定され、かつては広く分布していたのに、生息地または生息個体数が明らかに減少傾向にある種
  • 注目種
    生息環境が特殊なもののうち、県内における衰退はめだたないが、環境悪化が生じた際には絶滅が危惧される種
  • 情報不足
    評価するだけの情報が不足している種
  • 不明種
    過去に不確実な記録だけが残されている種
  • 絶滅のおそれのある地域個体群
    地域的に孤立している個体群で、絶滅のおそれが高い個体群

*判断基準は分類群により異なることもあります。また、本サイトにおける情報不足は、情報不足、情報不足A、情報不足Bをまとめてあります。詳しくは、神奈川県立生命の星・地球博物館発行の「神奈川県レッドデータ生物調査報告書」を参照してください。

IUCNでのレッドレータカテゴリーを見る

神奈川県のレッドデータ種を一覧で見ることができ、分類とRDランクが交わったところの数値をクリックすると、条件に合った種の一覧を表示できます。
分類群 絶滅 野生絶滅 絶滅危惧Ⅰ類 絶滅危惧ⅠA類 絶滅危惧ⅠB類 絶滅危惧Ⅱ類 準絶滅危惧 減少種 希少種 要注意種 注目種 情報不足 不明種 絶滅のおそれのある地域個体群 合計
哺乳類 4 0 8 0 0 6 10 0 0 0 0 2 0 1 31
鳥類 2 0 24 0 0 41 22 17 9 0 3 2 1 1 122
爬虫類 0 0 1 0 0 1 1 0 0 5 0 0 0 0 8
両生類 0 0 3 0 0 3 1 0 1 4 0 0 0 0 12
魚類 2 2 0 7 6 3 10 0 0 0 4 14 0 0 48
昆虫 72 0 72 21 19 122 111 0 40 37 29 115 13 0 651
植物 141 1 41 242 146 115 71 0 0 0 6 27 0 0 790
合計 221 3 149 270 171 291 226 17 50 46 42 160 14 2 1662